学習・教育到達目標(旧社会環境デザイン工学科のものです)
社会環境デザイン工学科では、次の学習・教育到達目標を設定しています。これらの学習・教育到達目標は、各授業科目と密接に関連しています。高度な建設技術者として活躍するために必要な教養と専門知識を修得することが、本学科の教育プログラムの最終目標です。具体的な学習・教育到達目標は以下の通りです。
グローバルな視野と基礎学力
人文・社会・自然科学と工学の関わり合いを理解し,人類の幸福を目指す工学の基礎素養を身に付ける
土木工学の専門知識と応用学力
土木工学の主要分野を基軸とした問題解決手法を理解し,様々な対象へ展開できる能力を身に付ける
自然環境・社会環境との調和及び技術者倫理
地域と自然の有する様々な優れた機能に学び,技術が社会・自然に及ぼす影響・効果を考え,自然環境との調和を目指す工学へ視野を拡大する能力を身に付ける
課題の提案・解決能力
社会や技術の要請の中から自ら課題を見出し,それらを積極的に解決するための思考および行動力を身に付ける
コミュニケーション能力と国際性
自らの考えや体験を正確かつ論理的に表現する能力を身に付ける.チームの目標達成のために自らの役割を認識して他者と協働して行動できる.国内外の技術や文化・風土に関心を持ち,積極的に関わろうとする態度を身に付ける
課題の分析・計画立案能力
課題を分析し,実施計画を組み立てる能力を身に付ける
自主的・継続的学習法の修得
演習,実験を通して自主的,継続的学習法を修得する